長いローラー滑り台がある道の駅 よしみ

”道の駅 いちごの里よしみ” に最高なスポットがありました。

f:id:yorunekom:20170815000412j:plain

遊具が沢山ある広い公園です。

上の三角の飾りが苺の様になっています。こんな所に よしみの拘りが見られて素敵。

 

メインはこれかな?と思います。

f:id:yorunekom:20170815000348j:plain

割と長めなローラー滑り台。

息子はまだ1人で滑り台を滑れないので膝に乗せて一緒に滑ります。

お・・・お尻が・・・痛い・・・笑

これくらい長いと満足できるんじゃないでしょうか?こどもって本当に滑り台が好きですよね!

 

息子に最高な遊具はコレです。

f:id:yorunekom:20170815000940j:plain

プサスチックみたいな素材のやつです。

これだと うっかり頭をぶつけちゃったりしても そんなに衝撃がなさそうだし、

角張ったところがないのも良い。

滑り台の角度もそんなに急じゃないので1歳児の息子には最高なんです。

 

f:id:yorunekom:20170815001242j:plain

この手前のカプセルみたいな遊具、初めて見ました。中に椅子があります。

私が子どもの時にあったら 間違いなくお気に入りです。

この密室具合、激しくないのんびり揺れる、最高!笑

息子は入りたがらなかったのですが・・・

 

奥に見える赤い長いのが ローラー滑り台です。

 

f:id:yorunekom:20170815001659j:plain

これも気に入りました。

よくあるパンダや虫のブンブン揺れる遊具あるじゃないですか?(分かりにくい・・・)

あれの二人乗り用です。

子どもと2人でユラユラ揺れて遊べるので良いです。

小さなシーソーみたいな感じというか・・・

f:id:yorunekom:20170815001925j:plain

こんな感じです。

 

他にも沢山の遊具があったのですが、あまり写真を撮れなかったので また行く機会があったら撮ってきたいと思います。

 

 

道の駅 いちごの里 よしみ

埼玉県比企郡吉見町大字久保田1737

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ

 にほんブログ村 子育てブログへ

ムーミンママに学ぼう!トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

埼玉県飯能市に、とってもとっても素敵な公園があります。

トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園

トーベ・ヤンソンと言うのは長く愛され続けている”ムーミン”の作者です。

私は今回ここに来てじっくり本を読んでみるまで 正直ムーミンにはあまり興味がなかったのですが、子どもと一緒に訪れて自分がしたい子育てにピッタリだ!と感じ、

ムーミンママは私の理想とする母さん像じゃないか!!!!と。

帰宅して早速ムーミンの本を調べてしまった程です。

 

f:id:yorunekom:20170812130922j:plain

これが園内マップです。

このパンフレッドにはとても良い事が書かれてます。最後の方に書かれていることを書きます。まずは公園内の紹介を進めましょう。

 

始めに"子ども劇場・トイレ"があります。(この日、人が多過ぎて写真を撮っていないのですが・・・)

ここはトイレの場所。f:id:yorunekom:20170812131443j:plainマイナスイオンが出ていそうな水場。癒されます。息子は遊びたがって大変でした。

この建物の直ぐ前に、メインの"きのこの家"があります。

f:id:yorunekom:20170812131658j:plain

”え・・・全然違うじゃん・・・”と思ってしまうかもしれませんが、ムーミンハウスです。(よね・・・?)

とってもとっても大きいです。

3階?4階?建ての建物。地下もあります。

 

f:id:yorunekom:20170812131938j:plain

f:id:yorunekom:20170812132122j:plain

暖炉やソファーなど、とっても可愛くシンプルなインテリア。

余分な物は一切ありません。これぞ究極のミニマリスト!という感じ。

この大きなオーブンや暖炉に対し、本棚やベッドがこれには笑っちゃいます。

f:id:yorunekom:20170812132249j:plain

f:id:yorunekom:20170812132335j:plainちっさーーーーーーい・・・笑

 

素敵だなと思ったのは色んな場所に小さな小部屋があって 窓から眺めたり、隠れたり出来るんです。

f:id:yorunekom:20170812132539j:plain

f:id:yorunekom:20170812132547j:plain

子供達が楽しそうにかくれんぼしていました。

一生懸命隠れる場所を探したり、探しまわったり楽しそうでした。

 

f:id:yorunekom:20170812132708j:plainとても高い天井。

 

訪れる人を家族の一員として暖かく迎え入れる『家』をイメージした建物です。

1階には暖炉がある「いこいの広場」があり、2階は小部屋などがある不思議な空間になっています。地下は工房です。(パンフレットより引用)

 

きのこの家を先に進むとスナフキンの家のような小さな建物があります。

今回は行きませんでしたが。

 

上の方にある”森の家”へ。

f:id:yorunekom:20170812223822j:plain

f:id:yorunekom:20170812223752j:plain1階は資料展時コーナー。ここでトーベ・ヤンソンについて読み、フィンランドに興味を持ちました。

帰ってきてフィンランドについて調べてしまったほどに。

f:id:yorunekom:20170812223911j:plain2階は図書コーナーで、絵本などを この可愛い机で読む事ができます。

息子にムーミンの本を読んであげていたら、私の方が感化されてしまい 

ムーミンママの子育てを知りたい!!ムーミン一家の生活を知りたい!となりました。

もし今、ムーミンママによる講演会やセミナーがあったら直ぐに申し込みそう。

 

森の家を出て、子ども劇場へ。体育館の様になっています。

f:id:yorunekom:20170812224356j:plain片隅にちょこっとだけ玩具が置いてあります。全て手作りの物でした。息子はこの輪投げがお気に入り。投げては取りに行く・・・を繰り返していました。

私が気に入ったのはこのオセロ。

f:id:yorunekom:20170812224725j:plain

小さな切り株を使って作られています。

とっても可愛いアイディア!ボードも木版だったら更に可愛いですよね!

いつか息子がオセロを知ったら作ってあげたいです。

 

建設当時、トーベ・ヤンソンさんとの手紙のやり取りの中から「自然との共生、自我と自由の尊重」を基本理念に作られた公園のようで、

その基本理念通り木々や小川と沢山の自然に囲まれています。

そしてパンフレットの注意書きの書き方が素敵です。

 

森は、自然の生き物のすみかです!

ここは自然の森に囲まれた公園です。時々、ハチやヘビなどが出てくることがありますが、みんな大切な自然の仲間なのです。

どんな生き物がどのようにあぶないのかをおぼえて、近づかないようにしましょう。

森の奥は崖です。奥まで入らないでください。

 

 

他にもパンフレットに書いてあること。

公園を子どもの豊かな遊び場に。

遊び場は、子どもが自分の力を見つけ、成長していく場です。

遊びを通じて限界に挑戦したり、危険について学ぶことは、成長する上で書かせないものになります。

安全を重視するあまり、遊び場から冒険遊びを一律に奪ってしまうことは、子どもの意欲や冒険心の芽を摘んでしまうことになります。

 

その通りだよなーと思いました。

子どものことが心配だから 神経質になってしまうけど、危険なことを全て排除して行くことが良いことではないんですよね。

色々なことを体験し、アイディアを練って遊び、体を使って遊び、失敗も繰り返し、危険なことを予知する力を身につけていってもらいたい。

そんな考えなら是非ココへ!とお薦めしたい場所です。

息子が冒険心のある男の子に育ちますように・・・(冒険心がありすぎて、トムソーヤの様に冒険してしまったら それはそれで心配・・・)

 

ちなみに ここ あけぼの子どもの森公園は今年20周年を迎えたようです。

おめでとうございます!!

f:id:yorunekom:20170812231118j:plain

 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
 にほんブログ村 子育てブログへ

昭和レトロな屋上遊園地 丸広百貨店わんぱくランド

小さい頃を思い出す、懐かしい屋上遊園地がある事を知り 早速行ってきました。

小江戸の町、川越にある "丸広百貨店" の7階へ。

 

エレベーターのドアが開くと、何とも言えない(ちょっと・・・臭い・・・)ペットショップのニオイが。。。この感じも含め懐かしい。

私が昔行っていた屋上遊園地にもペットショップがあった記憶があります。

 

コインゲームやUFOキャッチャーなどが並ぶ室内ゲームコーナーをするり抜け外に出ると、ありました!!

f:id:yorunekom:20170805000018j:plain

これが噂の、今や日本に2つしかないと言われる屋上観覧車!!わんぱくホイール!(ちなみに もう1つは愛媛だったかな?関東地方ではココだけ!)

そして、日本で2番目に小さい観覧車・・・とも知ったので、1番小さい観覧車はどこに??と調べてみた所、北海道小樽市にあったようですが既に閉鎖されていると・・・てことは、コレが現在ある日本で1番小さい観覧車ってことで良いんでしょうか?

 

このレトロな感じがたまらないです。1回¥300

乗りたかった!実に乗りたかったのですが、途中で息子が「降りたい!!」と愚図りだしたら・・・という想像に怯え 今回は却下しました。

 

で、乗ったのが

f:id:yorunekom:20170805000007j:plain

トーマス!これなら大丈夫でしょう・・・と一緒に乗りました。

f:id:yorunekom:20170805000753j:plain

わーい!と楽しんでいたのは序盤の序盤。直ぐに「降りたい!」という始末。

ほらね、やっぱりね。 もう少しで到着だから ちょっと待って!と気持ちを落ち着かせ、いざ昇降口に着くと、スルーっと2週目突入。

普通こういう所って1週で終わりだよな。。。と思いながら2週目もなんとかクリア。

 

後からポスターを見て知ったのですが ココの乗り物は

[おこさまの笑顔をもっとみたいから] 通常よりもちょっと長めに設定されているみたいです。

粋な計らい!素敵!(愚図った時はちょっと大変。笑)

 

続いて息子が乗りたがったのはこれです。

f:id:yorunekom:20170805001429j:plain

カッコイイ!!!!!!と私も一緒に興奮。

でも、、、コレ系っていつもちょっと動いた後に降りたがるんです。いつもの経験上・・・止まっている方がまだ楽しめるお年頃なんでしょうか。喜ぶと思ってお金を入れてあげると、動いた瞬間に「降りるーー!!」ってなるんです。なので、ちょっと乗せておしまい。

 

(余談  息子が降りた後 違う男の子が乗りにきて お母さんがお金を入れてあげていました。その10秒後くらいに男の子は降りたがって 「もっと乗りなよー」と言う お母さんの声を無視して他の場所へ。 すっごい分かる!うちもそれ良くある!!!と心の中で すっごく親近感を覚えました。)

 

f:id:yorunekom:20170805002049j:plain

このキティーちゃんのグランドピアノの乗り物はすっごく食いつきが良く離れないので お金払いました。。。揺れにビビってましたが、ピアノから音が出るのを楽しんでいたので まあいいか。

 

f:id:yorunekom:20170805002258j:plain

この青い車は 中がリアルな車に近いので「ママのブーブー!!」と言って真剣に運転していました。このハンドルが本物を運転している気分になれたんじゃないかなと思います。

f:id:yorunekom:20170805002455j:plain

他にも、てんとう虫のデザインが可愛い わんぱくビード(モノレール)やf:id:yorunekom:20170805002601j:plain

トーマスと若干かぶりますが、汽車の乗り物f:id:yorunekom:20170805002737j:plain

懐かしい この乗り物広場f:id:yorunekom:20170805002844j:plain

アンパンマンドラえもんピカチュウのキャラもの

f:id:yorunekom:20170805002944j:plain

そして私の心をグッと掴んだのが わんぱくエアプレーン(飛行機)

f:id:yorunekom:20170805003055j:plain

何度も何度も眺めていたのですが、息子に”乗りたい?”と聞くと「乗りたい」と言うので足が勝手に向かっていました。(観覧車 をためらった癖に)

しっかり座る事ができるかスタッフの方と確認して、大丈夫そうだと言う事で乗る事にしました。

子ども用といえども結構本格的で、私の方が楽しんでいたような・・・。f:id:yorunekom:20170805003436j:plain

息子は 空を飛ぶのが初めてなので ビックリしていた様子。

ですが 降りたら「もう1回乗りたい!」と言っていたので楽しかったんでしょう。

最後に飛行機と記念撮影。

f:id:yorunekom:20170805003708j:plain

(顔が強ばっていましたが・・・笑)

 

家に帰ってきてからも何度も「飛行機ブーン乗った!」「写真みたい!」と言っています。

初めての感覚、刺激になったかな?

 

小さなレトロな屋上遊園地ですが、存分に楽しめました。1歳児には丁度良かったです。

平日のせいか、人気がないのか お客さんはほとんどいませんでしたが

そんな感じも息子には良かったですね。

絶対また行きます。

 

 

丸広百貨店 川越店  7F

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
 にほんブログ村 子育てブログへ

ココがSA?!日光江戸村みたいな休憩スポット 羽生SA

高速道路を使って旅行。

行きに寄ったSAは既に書いたのですが、

 

帰りに寄ったSAが最高に最高で最高だったのでシェアしたいと思います。

とにかく人が多過ぎて写真が少なめですが、文字で興奮を伝えたいと思います。

f:id:yorunekom:20170803051015j:plain

これが!この光景が 高速道路にある休憩場所だと思いますか?

私は本当にビックリしちゃいましたよ。今まで使ってきたSAとは全く違うので。

 

売られている食べ物も、アイディアを凝らせたものばかりで テーマパーク化しています。

その為、どこも長蛇の列。

 

f:id:yorunekom:20170803051352j:plain

中に入って思わず 「はっ?!」って言っちゃいましたよ。なんじゃコリャ!です。

空が描かれているのですが、ライトの効果?でオーロラみたいになっているんです。

この異様な空間に息子は若干怯えていたのでサササーッと流し見をして退散してしまったのが私個人としては実に悔しいです。笑

もっとじっくり見て回りたかった・・・。

f:id:yorunekom:20170803051808j:plain

こんな光景ですよ!下町のお祭りの様な・・・

 

もっと見て回りたかった気持ちをグッと堪え、残念な気持ちを抱きながら外に出ると なんだか騒がしい。

人を掻き分け進んで行くと なんと SAに!!SAなのに!!!

f:id:yorunekom:20170803052126j:plain

猿回しがいるではありませんか!!!!!

ビックリですよ本当に。10分休憩のつもりで寄ったSAに どんだけ長居してしまったことか。。。

猿回しに没頭している子供達が「バスの時間だから戻ってーー!」という呼び出しに 渋々と、名残惜しそうに戻ってました。

結局私は最後まで猿回し見ちゃいました。息子も初めて見る猿回しに、口をポカーンと開けながら釘付け。

 

すっごく楽しいので大人にも子どもにもお薦めです。

本当にのんびり休憩したい方や 小腹が空いてちょっと何かを買いたいだけの人にはちょっと気の毒です。すっごい混んでましたので。

最近のSAってもしかして他にもこんな所があるのでしょうか?行ってみたいです。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポニーに乗れる!狭山市立 智光山公園 こども動物園

狭山市にある 智光山公園 こども動物園に行ってきました。

f:id:yorunekom:20170726002550j:plain

平日の朝一だったせいか、活気はありません・・・。ですが コレくらいの方が嬉しいです。人が多いと無駄に疲れるので・・・笑

1つ すっかり油断していた事が。。。虫除けスプレーです。自然がとっても多くて良いのですが、お陰で蚊が多くて・・・止まって動物を見てる間にボコボコ刺されました。

動物園に限らず、夏は虫除けスプレー必須ですね。

某100均で虫除けリングや虫除けパッチなどを購入したのですが、あれ ちっとも効きませんね・・・。虫除けリングのすぐ横を蚊に刺された時はバカにされた気分になりました。性能が悪いのか、はたまた蚊が進化しているのか・・・。

 

話が逸れましたが動物園に中へいざ!

f:id:yorunekom:20170726003302j:plain

f:id:yorunekom:20170726003305j:plain

可愛いミニブタ。可愛らしい名前をつけられています。

ホイップより小さめ とか クリームより大きめ とか メープルより大きくシロップより小さい とか、ここはカフェか?!と言いたくなる説明付き。

 

f:id:yorunekom:20170726003537j:plainふれあいコーナーです。この時はまだ時間外だったのですが、後になって再び行ってみました。

モルモットをメインに数種類の動物がいました。息子はビビリなので全ての触れ合いを拒否したのですが、唯一手を伸ばしたのが、

f:id:yorunekom:20170726003722j:plain

ヒヨコ。握りつぶしそうで怖くて私の方がビビりました。ヒヨコも怖かっただろう・・・。

 

f:id:yorunekom:20170726004015j:plain

ヤギコーナー。思いの外たくさんの子ヤギがいました。

f:id:yorunekom:20170726004112j:plain

子やぎの鳴き声が息子の声にそっくりでした。

f:id:yorunekom:20170726004143j:plain

その後 野放しのニワトリに追いかけられました。(画像のニワトリは固定されています。違うニワトリに追いかけられました。)

f:id:yorunekom:20170726004340j:plain

ヒツジのスーさん。

 

フクロウが好きな息子が喜んだ、フクロウ・ミミズクのコーナー。

f:id:yorunekom:20170726004511j:plain

f:id:yorunekom:20170726004522j:plain

f:id:yorunekom:20170726004528j:plain

 

サルの子どもも産まれているようで、親猿のお腹にしがみついている小猿がとても可愛くて、子育て中のサルには親近感を覚えました。

f:id:yorunekom:20170726004704j:plain

f:id:yorunekom:20170726004710j:plain

 

この日はとても暑かったので、1時間ほど回って退散したのですが丁度良い具合の広さでした。

f:id:yorunekom:20170726004825j:plain

息子にはまだ早いですが、ポニーの乗馬などもできます。

 

入り口で「初めて来ました!」と伝えると、こんなのも貰えますよ。

f:id:yorunekom:20170726004959j:plain

f:id:yorunekom:20170726005007j:plain

 

 

狭山市智光山公園 こども動物園

開園時間 9:30~16:30

料金 大人200円 小人(小・中学生) 50円 未就学児 無料

年間パスポート 大人600円 小人150円

休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日に当たるときはその翌日)

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ にほんブログ村 子育てブログへ

昭和の遊びと童話に触れる 浜田広介記念館

旅行で山形に行きましたので、途中で"浜田広介 記念館"に行きました。

f:id:yorunekom:20170722124838j:plain息子は 赤おに 青おにがとても好きで 毎日毎日"オニのパンツ”を聴いているので喜ぶだろうと思って・・・。

 

f:id:yorunekom:20170722124905j:plain入り口を入ると大きな "やさしい"赤オニがお出迎え。この時点で息子はややビビリ。

入場料を支払い中に展示室に入ると、たくさんの作品がパタパタ絵本だったり マジックスクリーンだったりと色々な技法で楽しむことができます。

1歳児の息子にはまだ早くてじっと見たり聴いたりすることはできませんでしたが、3歳くらいの子から大人まで絵本好きな方ならとっても楽しめると思います。

 

童話ルームは 小さな映画館の様になっていて、"りゅうの目のなみだ"と"泣いた赤おに"が上映されています。

中の暗さにビビって息子は入れませんでした。

 

と言うわけで、入館したは良いものの まだ息子には早過ぎたな。全く楽しめなかったなあ。なんて思って売店コーナーへ。

すると、奥に和室がありました。

f:id:yorunekom:20170724142429j:plain

"むかしの あそび場"

 

f:id:yorunekom:20170724142348j:plain

フェルトで作った手作りの魚釣りや、

f:id:yorunekom:20170724142521j:plain

錆びた缶に入った おはじきやビー玉(息子はコレが1番気に入ってた)、

f:id:yorunekom:20170724142703j:plainブリキの金魚や あやとり、手作りの絵合わせゲームや輪投げなどがあり 子どもにとっても嬉しいコーナーでした。

現代の進化した知育玩具も良いですが、こうして工夫を凝らして手作りした玩具や、シンプルだけど技術や技が鍛えられる遊び(あやとりとかメンコとかおはじきとかベーゴマとか・・・)は やっぱり良いですね。私が求めているものです。昭和な男。

 

f:id:yorunekom:20170724142805j:plainフェルトで手作りした 仕掛け絵本もたくさんありました。このクオリティーが凄くて、息子よりも私の方が夢中で読みました。

 

f:id:yorunekom:20170724222254j:plainこの石は、"ひろすけ小石コンテスト"に参加できるコーナーです。

好きな石を選んで 絵を描いたりメッセージを書いたり好きに表現します。

f:id:yorunekom:20170724222528j:plain

f:id:yorunekom:20170724222615j:plain

こんな感じで小石アートになります。今までも何度か行われているのか 外の庭など至る所に小石アートが転がっていました。皆が書いた絵を見て回るのも楽しそう。(そんな時間はありませんでしたが。)

少し離れた所に生家もあります。時間がなくて見れず。。。

 

f:id:yorunekom:20170724222852j:plain

外にもオニがいたりして、息子は存分に楽しんでいました。

 

夏休みのイベントで、[広介記念館で夏休みの宿題の絵をかこう]や、[昔かたり][ひろすけ小石コンテスト][ひろすけさんクイズに挑戦]などが開催されているようです。

近くに住んでいたら頻繁に連れて行きたいスポットでした。

近くに行かれる方は是非☆きっと楽しめると思います。(1歳児位の小さなお子様は怖がるかもしれませんが・・・うちの子の様に・・・)

 

 

浜田広介記念館

開館時間 9:00~17:00

休館日  毎週月曜日/祝日の翌日

入館料  大人 500円 学生 300円 小・中学生 200円 幼児(3才以上)100円

山形県東置賜郡高畠町大字一本柳2110番地

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
 にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ

番外編 東北道SAで楽しむ

夏の第1イベントとして、車で山形に行くプランがありました。
車で約5~6時間。そんなに長い時間車に乗っているのは息子にとって初めてなので なるべく休憩を挟んでSAに寄りました。
 
子ども目線でSAに寄ったのは初めての経験なのですが、意外と子どもが楽しめる場所だったということを知りました。
 
始めに寄ったのが
佐野SA 
 
このSAには玩具の電車やミニカーなどがたくさん展示してあり、販売もしていました。
なので男の子は大興奮でしょう。息子も興奮していました。
特にバイクが好きなので、この展示には釘付けに。

f:id:yorunekom:20170722054732j:plain

f:id:yorunekom:20170722054739j:plain

 

レストランにはキッズブースも設置してあるようです。中に入ってないので分かりませんが、遠目で見た所プラレールの模型のような物がありました。
 
こども向けに、スタンプラリーがあり 4つの虫のスタンプを集めてレジに持って行くとプレゼントが貰えます。
ちょっとしたものではありますが、こうゆうのが嬉しいんですよね。息子にはまだチョコレートを食べさせていないのですが、ずっと大切そうに握りしめていました。(お陰で溶けました。)

f:id:yorunekom:20170722054823j:plain

 

そして、旅行好きな私にもちょっとワクワクしちゃったのがコレ。
サービスカウンターに行って、パスポートをくださいと伝えると貰えます。

f:id:yorunekom:20170722054915j:plain

栃木のガイドマップに載っている施設に行くと、このパスポートにスタンプを押してもらえる手帳。
 
今回我が家は栃木にッ旅行に来たわけではないので、このパスポートはまっさらですが、いつか栃木旅行に来よう。という気持ちになりました。来よう。
 
SAで米沢牛が食べれます。
ひー。貧乏人には到底食べれそうにないお値段。。。

f:id:yorunekom:20170722054957j:plain

続いては那須高原のSAに寄りませしたが、断然佐野SAの方が子ども向けです。
唯一、サービスカウンターにスタッフさんの手作りかな?折り紙が置いてあって、貰えたので喜んでいました。こうゆう小さな配慮でも凄く嬉しいです。色々置いてある中、息子は”クマ”を選びました。
 
今回寄ったSAはこの2カ所です。
SAもなかなか楽しめました。
 
 
 
 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村